歯科助手の資格試験■歯科衛生士の求人・学校情報

歯科衛生士の求人情報

banner

歯科助手の資格試験

歯科助手になるための資格試験について説明いたします。

現在地 :
>
>
歯科助手の資格試験
Googleブックマークへ追加Yahoo!ブックマークに追加はてなブックマークに追加Buzzurlブックマークへ追加

歯科助手の試験

資格区分
民間資格 (国家資格ではありません)
日本歯科医師会などの各認定団体により、さまざまな認定資格があります。各団体の認定試験に合格することで取得できます。以下はその例です。
  1. 「歯科助手検定試験」(資格団体名:日本医療事務検定協会)1~3級
  2. 「歯科医療事務検定」(資格団体名:日本医療事務検定協会)1~3級
  3. 「歯科助手検定試験」(資格団体名:日本歯科助手検定協会)1~3級
  4. 「歯科医療事務管理士技能認定試験」(資格団体名:株式会社技能認定振興協会)
    →会場受験と在宅受験があり、講座の修了認定試験問題に合格すると、在宅受験の資格が与えられます。
試験期日
認定団体により異なります
受験資格
認定団体により異なりますが、基本的には制限ないようです。
申し込み期間
認定団体により異なります
試験地
認定団体により異なります
受験料
認定団体により異なります
(例) 5,000円前後
試験内容
歯科の基本知識、医療事務の知識、歯科医療の技術など
合格基準
認定団体により異なります。
(例)在宅受験:学科85(/100)点以上、実技:学科85(/100)点以上。
3級で70%以上、2級で75%以上、1級で80%以上の正答率

歯科助手/歯科医療事務講座について

歯科助手または歯科医療事務の(通信)講座を実施している会社です。

歯科助手と歯科医療事務をダブル習得
標準学習期間 / 6ヶ月~
授業料 / 68,000円(税込)~
受講開始から12ヵ月まで指導サポート
標準学習期間 / 5ヶ月
授業料 / 38,000円(税込)
   
Googleブックマークへ追加Yahoo!ブックマークに追加はてなブックマークに追加Buzzurlブックマークへ追加
Copyright(c) 2005-2017 CORDIAL CORPORATION. All Rights Reserved.